結婚したら家事・育児に追われる

■シナリオーニOXX年キャリアウーマン・成子の堀合「来月、同業の企業の担当者が集まって国際会議が開かれるんだ。君も代表の一人として行ってくれたまえ」。大手化学会社の国際営業部マネジャーである成子は、数時間前、部長に申し渡された。「ただでさえ忙しいのに、海外向けの看板娘までやらなきゃならないんだから。結婚したら家事・育児と仕事の二重負担で基幹社員なんかやってられないと思って独身できたのに、会社の中でまで女は二重負担か……」。成子はつぶやいた。成子の地位は、一九九○年代なら「課長」だろうか。二十一世紀の現代は、女性社員の多くは契約社員か派遣社員、パートだ。成子のような管理職は極めて少ない。欧米でも他のアジア諸国でも、女性の管理職は珍しくなくなった。相変わらず黒っぽい背広の男性ばかりが出てくる日本の企業は、奇異な目でみられがちだ。企業側もこれに気づき、国際的な場面では、限られた女性の管理職をできる限り「有効に」使い回して、優先的に女性のメンバーを加える。最初は国際会議に出ることが少し得意だった。しかし、女性管理職が少ないため、しょっちゅう回ってくるうえ、実は社内ではさしたるポイントにもならないことが最近、成子にもわかってきた。普段のマネジャーとしての仕事に加え、「女性は器用だから」と会議に同行する男性の同僚のための資料づくりまで引き受けるため、残業の量はすさまじい。

出典:出会いアプリ

DY047_L

Comments are closed.